講師紹介

主宰(代表)

西松 亜紀子(にしまつ あきこ)

西松 亜紀子

ピアノ・声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 静岡県浜松市出身、4歳よりピアノ、15歳より声楽を始める。国立音楽大学声楽科卒業。
  • 聖徳大学大学院音楽文化研究科音楽表現専攻博士前期課程修了。同研究科修了。ピアノを長谷川淳子、
    中山富美子、
    声楽を真嶋美弥、西野薫、藪西正道、高橋大海、嶺貞子、高丈二、平野忠彦各氏に師事。
  • 第12回静岡県学生音楽コンクール入賞。2005年ウィーン夏期国際音楽セミナー、2007年ザルツブルクモーツアルテウム夏期音楽セミナー(エディット・マティスクラスにて)をはじめ、オーストリア、
    イタリア各地のマスタークラスで研鑽を積む。
  • これまでに、多数のコンサート、オペラなどに出演。
  • 2001年~2005年、都内の音楽専門学校にて講師を務める。
  • 現在、日本声楽家協会研究員プリマ在籍、日本声楽アカデミー准会員、全日本ピアノ指導者協会(PTNA)
    指導会員
  • 指導者賞受賞(2015,2016,2017)

生徒さんへのメッセージ

子供達が力強く未来に歩んでいくために、音楽を通して、教育のお手伝いが出来ればと思っています。子どもたちは、これからの日本を担っていく宝物です。日本の未来が明るくなるには、子供達の健やかな成長と幸せは不可欠です。子どものレッスンをしていますと、いつも思います。「子供の能力は無限大に広がっていて、学習意欲が高く、何と力強いのだろう」と。一人一人の生徒さんにとって、今必要なものを、出来る限り最良な状態で提示し、可能性を広げていきたいと思っています。ピアノレッスンに専門の声楽をプラスして、歌のレッスンや、歌でソルフェージュ等も承ることができます。

ピアノ

 

 

上田 智子(うえだ ともこ)

 

ピアノ担当

  • 兵庫県神戸市出身。6歳でピアノを始める。
  • 兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科を卒業。
  • 卒業時に同声会賞を受賞。同声会新人演奏会、ヤマハ音大フェスティバル2010に出演。
  • 2012年、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。修了時、ピアノ演奏優秀者に選出される。
  • 大学院在学中、声楽科ティーチングアシスタントを務める。
  • 現在、東京、神戸を中心に活動中。これまでにピアノを、田中明美、徳末悦子、成瀬修、G・タッキーノ、
    植田克己、海老彰子、E・ポヴウォツカ、有森博の各氏に師事。

生徒さんへのメッセージ

音楽は私たちに、感動や安らぎなど、ポジティブなパワーを与えてくれます。そんな音楽と共にあることは、とても幸せなことです。
その喜びを、ピアノを通して私は皆さんにお伝えしたいと思っています。
きっと生徒さんは最初に「ピアノを習ってみたい」とワクワクした気持ちでいらっしゃると思いますが、その気持ちを大切にし、一人一人に合わせたレッスンを心がけています。

最近は、忙しくてなかなか練習時間がとれない方も多くいらっしゃいますが、まずは集中したレッスンだけでも、じっくり続けることから始めてみてください。また、コンクールや音大受験を目指す方の、より専門的なレッスンもいたします。

 

 畑めぐみ(はためぐみ  ) 

ピアノ担当                                                                                                                         第7回スガナミピアノコンクール第一位、第10回堺国際ピアノコンクール第5位、第34回コンセール・ヴィヴァン新人オーディション最優秀賞各賞受賞。ウィーン・ザルツブルクモーツアルティウム夏期国際アカデミーにおいて、ACADEMYCONCERTに出演。平成25年度青山財団奨学生。高関健指揮、芸大フィルハーモニアと共演。学内にてティーチングアシスタントを務める。ソロだけでなく、アンサンブルピアニストとしても幅広く活動。大学院修了時にアンカサス賞、藝大クラヴィーア賞受賞。これまでにピアノを小池節子、ヤコブ・ロイシュナー、ピアノ及びピアノデュオを角野裕氏に師事。都立芸術高校(現都立総合芸術高校)、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻、東京藝術大学大学院器楽専攻ピアノ研究分野修了。 

 

 

 

 

                                  

 

 

 

 

 

生徒さんへのメッセージ

 

浅野桜子(あさのさくらこ)

 ピアノ担当                                                                                                                                      5歳よりピアノを始める。愛知淑徳中学・高校を経て、2011年東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ科専攻を卒業、同年に渡欧し、ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏かにて研鑽を積む。帰国後、東京芸術大学修士課程音楽研究科修了。現在はコンサート活動の他、後進の指導にも力を入れている。2007年第8回大阪国際音楽コンクール第一位、ガラコンサートに出演。2008年セントラル愛知交響楽団「ベートーヴェンピアノ協奏曲第三番」を共演、2008年第19回吹田音楽コンクール第二位、同年よりウィーンメロス音楽セミナーにて、Martin Hughes氏のマスタークラスを受ける。2009年第10回岐阜新進演奏家オーディションに合格、同コンサートに出演。2012年第25回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール優秀賞、2013年第5回ロザリオ・マルチあーの国際ピアノコンクール(ウィーン)ディプロマ賞、モーツアルティウム音楽院夏期国際音楽アカデミーにてRobert Levin氏のマスタークラスを受ける。同年、コンチェルトハウス欧日協会主催”ヴェルディ・ワーグナー生誕200円記念コンサート”に出演。ウィーン楽友協会ウィーン国立音楽大学主催”イサーク・アルベニス「イベリア」全曲演奏会”に出演。2014年第60回マリア・加ナルス国際音楽コンクール(スペイン)ディプロマ賞。お譜kンさーとに推薦され、カタルーニャ美術館などでリサイタルを行う。これまでにピアノを、松井幹子、加藤真弓、杉浦日出夫、安達範子、御木本澄子、岡田敦子、Martin Hughes、江口玲の各氏に師事、室内楽をTeresa Leopoldに師事。                                                                                                                                  

生徒さんへのメッセージ

 

 

石井 美由紀(いしいみゆき)

 

ピアノ担当

5歳よりピアノを始める。

北鎌倉女子学園高等学校卒業。東京芸術大学を経て、上野学園大学演奏家課程卒業、同大学音楽専攻科修了。2014年より、ジュネーヴ州立高等音楽院大学院室内楽科に留学し、2016年6月に優秀な成績で修了。現在、上野学園大学助教、L’atelier de Miki音楽教室講師。

これまでに、第25回PTNAピアノコンペティションG級銅賞、第2回ショパン国際ピアノコンクール in Asia高校生部門銅賞、第5回同コンクールコンチェルトC部門奨励賞等数々の賞を受賞。

これまでに、ポーランドっ区立クラクフ室内管弦楽団、上野学園大学管弦楽団、湘南室内管弦楽団、Regenbogen Orchestraと共演。2005年レインボウ21サントリーホールデビューコンサート、2008年皇居内桃華楽堂御前演奏会、調律師協会新人演奏会に出演。2012年石橋メモリアルホールにて、石橋益恵ピアノ奨学金受賞記念ソロリサイタルを開催。2016年Kiejstut Bacewicz国際室内楽コンクール(Poland)においてFinalist Diplom。2016年スイスのCullyで行われるLAVAUX CLASSIC Festivalに推薦され出演し、好評を得る。

2016年9月よりフルートの山野雅美とデュオMemoireを組み、東京や名古屋で定期的にコンサートを行っている。

これまでにピアノを、丸山洋子、林苑子、堀江孝子、日比谷由妃子、佐藤俊、御木本澄子、横山幸雄、久保春代の各氏に師事。また室内楽を、矢部達也、原田禎夫、佐藤美枝子、今井信子、Jean Jacques Baletの各氏に師事。

生徒さんへのメッセージ

 

ヴァイオリン

永井 憲子(ながい のりこ)

永井 憲子

ヴァイオリン担当

  • 武蔵野音楽大学にてヴァイオリンを専攻。
  • 山岡耕作・日高毅・リヒネフスキー、室内楽をハンスヘルナーの各師に師事。
  • 東京都教員交響楽団のコンサートマスター、又、ヴァイオリンのソリストとしてオーケストラを
    バックに活躍。
  • 「3時のあなた」「題名のない音楽会」にレギュラー出演の経歴を持つ。
  • 読売日本テレビ文化センター講師。後進の指導にあたっている。

生徒さんへのメッセージ

バイオリンは、難しくてなかなか美しい音がでないのでは?というイメージがあるようですが、心配いりません。
楽譜が苦手な方や初めてバイオリンを手にする初心者の方から、経験のある方まで、その方のレベルに合わせ指導します。
憧れの曲やいろいろなジャンルの曲を、アンサンブルで楽しんだり、ピアノの伴奏で弾いたり、音楽を楽しみながら学べるようにご指導いたします。
楽器購入 ご希望の方は、購入ポイント、注意点、お手入れ方法など含めアドバイス、又斡旋致します。

 

 
 
 

 

 

生徒さんへのメッセージ

バイオリンは自分自身で音を作る楽器です。一人で弾くだけでなく、室内楽やオーケストラで、楽しく仲間とも演奏できます。
綺麗な音色のバイオリンを習って色々な曲を弾いてみましょう。

声楽・コーラス

小林 幸恵(こばやし ゆきえ)

小林 幸恵

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 聖徳大学付属高等学校音楽科声楽専攻を経て東京芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。
  • 1991年全日本学生音楽コンクール高校の部 東京大会入選。
  • 1993年イタリアミラノにてジョイントデビュー。
  • 同年ドイツ、シュトゥットゥガルト音楽大学にてオペラガラコンサートに出演。1998年渡伊。
  • 東京芸術大学『同声会』出演。尚美学園主催『コンチェルトの夕べ』にて オーケストラと共演。
  • オペラ『アンジェリカ』タイトルロールにて オペラデビュー。
  • 『椿姫』ヴィオレッタ、『ラ・ボエーム』『ジャンニ・スキッキ』『トスカ』等多数出演。
  • これまでに指導してきた生徒数は述べ2,000人を超す。
  • モーツァルト『戴冠ミサ』『レクイエム』、ペルゴレージ『母はなげきて』、
  • ヴィバルディー『主の十字架の死』、フォーレ『レクイエム』等、
  • ソリスト、『サウンドオブミュージック』 『オズの魔法使い』『銀河鉄道の夜』『ヘンゼルとグレーテル』
  • 『魔法の笛』『マイフェアレディー』等のミュージカルにも多数出演。

生徒さんへのメッセージ

 

糸田 陽子(いとだ ようこ)

糸田 陽子

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 大阪府出身。6歳よりピアノ、16歳より声楽を始める。
  • 京都市立芸術大学声楽専攻卒業。ドイツリートを中心に演奏会に出演。
  • オペラでは「マノン」マノン役、「ハムレット」オフィーリア役、「連隊の娘」マリー役などに出演。
  • 2015年にリサイタル公演としてグノー「ロメオとジュリエット」を上演しジュリエット役を歌う。
  • 2000~2004年に大阪スクールオブミュージックのヴォイストレーニング講師リーダーを務めて以来、様々なジャンルの発声法を研究、指導を行う。三井ツヤ子、折江忠道の各氏に師事。
  • 高槻音楽家協会会員。藤原歌劇団準団員。

生徒さんへのメッセージ

歌を歌うことは体にも心にもよく、何よりとても楽しいことです。
子供から大人まで幅広い年齢の方が様々な目的で通ってらっしゃいます。
いつかオペラを歌ってみたい、シャンソンを歌いたい、発声法をちゃんと習ってみたい…。
またミュージカルをされているお子さんや宝塚受験のためなどのレッスンもいたします。
目的はなんであれ歌が好きな方、一緒に歌いましょう。

渥美直久(あつみなおひさ)

 

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当
 
東京音楽大学オペラコース卒業、同大学研究科オペラコースしゅうりょう。在学中からジャンルを問わず、イタリアオペラ、オペレッタ、ミュージカルの数々の舞台、コンサートに出演。その他、POPS、プログレッシブロックバンドを結成し、独逸な高い評価を得る。歌手、声優、俳優、合唱団等のヴォイストレーナー。
VOAT主任講師、東京カンマーコーア団員。

 

 

 

小嶋 陽太(こじま ようた)

小嶋 陽太

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 東京藝術大学声楽科卒業。声楽を永田峰雄、児島百代、櫻井悦代の各氏に師事。
  • 現在ソロ活動、合唱指導を中心に活動。2016年青島広志作オペラ「黒蜥蜴」に出演。

生徒さんへのメッセージ

 

下牧 寛典(しもまき ひろのり)

下牧 寛典

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 金沢大学教育学部学校教育教員養成課程音楽教育コース卒業。現在、東京藝術大学声楽科在学中。
  • 声楽を安藤常光、勝部太の各氏に師事。児島百代、櫻井悦代の各氏に師事。

生徒さんへのメッセージ

 

大畑 理博(おおはた みちひろ)

大畑 理博

声楽・コーラス・ヴォイストレーニング担当

  • 富山県立呉羽高等学校普通科音楽コースを経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
  • 東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ修了。
  • 洗足学園音楽大学大学院音楽研究科修了。
  • 第21回富山県新人演奏会において北日本新聞音楽奨励賞。
  • 第3回旭川”雪の降る街を”音楽祭中田喜直記念コンクール金賞、内村直也賞。
  • 第7回全国「叱られて」歌唱コンクールサンアゼリア賞など受賞多数。
  • ベートーヴェン「第九」をはじめ、ヘンデル「メサイヤ」等のバスソリストを務める。
  • ’11年の文化庁支援舞台芸術共同プロジェクト「椿姫」公演や「フィガロの結婚」、「ドン・ジョバンニ」等のオペラの他、新作の音楽劇やミュージカルにも出演している。
  • 『富山県ふるさとの歌づくり実行委員会』により制作された「ふるさとの空(作曲:久石 譲)」特設サイトにおいて、男声(バリトン)独唱バージョンの歌唱を担当。
  • ’06年、’07年、’09年、’16年にソロリサイタルを開催。
  • 日本語歌唱を得意とし、国文学者の林 望氏プロデュースによる「大畑理博 ソングス」をリリースしている。
  • 現在は演奏活動と並行して、都内専門学校の講師をはじめ、ミュージックスクール等において、ヴォイストレーナー、ヴォーカルトレーナーとして紅白出場歌手を育成するなど、後進の指導にも力を入れている。

生徒さんへのメッセージ