講師ブログ

2021年コンペを振り返って

まだまだ暑さが続いていますが、もう9月も後半になりました。

コンペが終わって、もう一か月以上たってしまいました。当教室では、すでに、10月末に行われる森下ステップ、12/19㈰に行われるアンサンブル発表会に向かっていて、その上👀2022年3月にも春期発表会と、この半年くらいの間に、3回もステージがあります。発表会に向かっていると、気が付いたら3月のコンペ課題曲発表となってしまうので、なんと時間の経つのが早いのかと、今から予想されます(笑)

毎年思うことですが、コンクールにチャレンジしてみて、ピアノに対して気持ちが前向きになったということをよく耳にします。教室からの参加者のうち、3分の2くらいは初挑戦組みです。

塾や他の習い事の合間に練習して、課題に取り組み、本当に頑張りました。バックアップしていただいた保護者の皆様、どれだけ大変で、気を揉んだこともたくさんあったかと思います。ご協力ありがとうございました。保護者の皆様のお陰で、子供たちにとって良い経験になるかどうか決まるといっても過言ではないかと思います。

集中して、曲を仕上げて、自分と向き合うということ、普段のレッスンだけではなかなか経験できません。

ここぞというところで力が出し切れた経験、反対に出せなかった経験は何が問題だったか、きっと次に繋げてよい経験になります。来年、今年よりステップアップした姿を見せてほしいなと思います!